眼科名医の治療で眼病から回復
   眼科の名医の治療で緑内障や白内障、飛蚊症、網膜剥離、ドライアイなどの症状を回復させられる病院とは
当サイトコンテンツ

 

 犬も白内障になる
1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~自宅トレーニングセット・メールサポート付~

白内障を発症することがありますので、人間特有の病気はないことが分かります。加齢によって目にトラブルを抱えるのは人間だけではなく、動物も同じなのです。近眼や老眼といった視力の衰えだけではなく、動物も眼病を患うことがあります。

人間の場合と異なり、犬は白内障の症状があっても自覚して病院に行くことができません。そのため、散歩に行きたがらなくなったり、動きに不審な点が出たような場合に、家族が気付いてから、動物病院に連れて行くというのが、一般的な流れです。

したがって、犬の白内障は発見の段階で進行していることが多いという問題点があります。家族が早く気付かないと、治療をしないままに症状が悪化してしまい、取り返しのつかないことになってしまいます。

自らの意思で病院に行ける人間と異なり、犬は白内障になっても動物病院へ自ら訪れることはできないのですから、そこは家族の支えが必要です。いかにして早く気付くことができるかによって、犬の目の状態は変わってきます。

いくら人間に比べて嗅覚や聴覚が優れているとはいえ、犬も白内障を患うことによって、活動的ではなくなったり、元気がなくなったりといった弊害が出るようになります。そのようなことになる前に、早めの治療ができるように、犬と一緒に暮らしている方は気にかけてあげてください。


copyright © 2005 眼科名医の治療で眼病から回復 all rights reserved.