眼科名医の治療で眼病から回復
   眼科の名医の治療で緑内障や白内障、飛蚊症、網膜剥離、ドライアイなどの症状を回復させられる病院とは
当サイトコンテンツ

 

 糖尿病白内障
1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~自宅トレーニングセット・メールサポート付~

糖尿病の合併症の1つとして、白内障が起こることがあります。水晶体が混濁する病気で、通常は加齢によって起こることが多いのですが、糖尿病によって進行しやすくなる傾向が見られます。

糖尿病白内障には真性と仮性があります。真性の場合には、高血糖が原因となっており、若年者であっても急激に症状が進行していきます。これに対して、仮性の場合には老人性の要素が合併しています。

症状としては、視界がまぶしく感じることや、かすんで見える、物が2重に見えるといった現象が起こり、視力の低下を感じるようになります。仮性の場合にはゆっくり進行していきますので、なかなか自覚できないうちに目の状態が悪化していることがあります。片側の目の症状が進行しても、もう一方の目によって補ってしまうため、自覚が遅れがちです。

糖尿病白内障の検査には、細隙灯顕微鏡を使います。この際には、散瞳薬を用いて瞳孔を開かせます。水晶体が濁っているのであれば、濁りがどの部分にあるのかもチェックし、治療方針の決定につなげます。

老人性白内障であれば、症状の進行を遅らせるために点眼薬や内服薬を使い、日常生活にも支障が出るようなら手術を行って白濁した水晶体を眼内レンズに取り替えます。しかし、糖尿病を合併している場合には、さらに複雑な要素が付いてきます。

まず、血糖コントロールが重要です。手術を行う場合、血糖コントロールができていないと、手術に伴う合併症の危険が大きくなります。ただし、急激に血糖値を変えてしまうと、網膜症を悪化させることがあります。

また、網膜症が進行している場合には、網膜症の治療が必要なために、糖尿病白内障の手術を早急に行わなくてはならない場合があります。このように、様々な要因に影響を受けてしまいますので、複雑な状況になります。

眼科の専門医だけではなく、内科の医師の協力も必要ですので、それぞれの医師に連携を取ってもらうことが必要です。1つの病院の別の科であれば連携も取りやすいのですが、まったく別の病院の場合には手間がかかることになってしまいます。

糖尿病は白内障のほかに、網膜症を合併することが多く見られ、この場合には中途失明の危険も大きいため、注意が必要です。網膜症は、緑内障を抑えて日本人の中途失明の原因として最も多い病気になっています。

目の健康を守るためにも血糖コントロールが重要ですが、そのためには食事や運動といった日常生活が無視できません。健康的な生活を送れば予防することができますし、すでに血糖値が高くなっていても、悪化させないようにすることができますので、この機会に毎日の生活習慣を見直してみましょう。

copyright © 2005 眼科名医の治療で眼病から回復 all rights reserved.