眼科名医の治療で眼病から回復
   眼科の名医の治療で緑内障や白内障、飛蚊症、網膜剥離、ドライアイなどの症状を回復させられる病院とは
当サイトコンテンツ

 

 高畑淳子さんが眼瞼下垂の手術成功
1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~自宅トレーニングセット・メールサポート付~

高畑淳子さんが眼瞼下垂の手術を受け、成功したということです。放置しておくことで表情が老化することもあり、女優としての危機感もあったということですが、無事に手術が済み、撮影にも復帰したということです。

また、高畑淳子さんは眼瞼下垂のために眼精疲労だけではなく、体力面でも問題を抱えていたという話です。あまり知名度のない病気だけに、異常に気付かずに見落としてしまう危険が大きいものですが、高畑淳子さんはテレビ番組の出演がきっかけで、見つけたそうです。

一般に眼瞼下垂の知識が広まれば、異常に気付いて眼科に訪れる必要もあるでしょう。高畑淳子さんの手術の成功は、社会的な意味でも大きな役割を果たしたのではないかと思います。眼瞼下垂を高畑淳子さんの報道をきっかけに知ることになった人も、きっと少なくないことでしょう。


高畑淳子“引退危機”乗り越えた
10月8日9時35分配信 デイリースポーツ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081008-00000001-dal-ent

 女優・高畑淳子(53)がまぶたが自然と下がってくる「眼瞼下垂(がんけんかすい)」を治療する手術を7月上旬に受けていたことを明かした。
 術後には左右のまぶたがアンバランスに腫れる症状が出て、一時は女優活動の断念も考えたという。テレビ朝日系ドラマ「告知せず」(テレビ朝日系、11月15日、後9・00)のクランクインを約2週間後に控えており、「めったに会えないいい作品」と出演を熱望。主演の渡哲也(66)らの励ましもあり、無事に撮影を乗り切った。
 高畑は50歳を過ぎたころから目が疲れやすくなり、撮影でも気力、体力が続かなくなっていたという。同ドラマの撮影では7キロの減量も行い、がんに侵される主婦を熱演した。



copyright © 2005 眼科名医の治療で眼病から回復 all rights reserved.