眼科名医の治療で眼病から回復
   眼科の名医の治療で緑内障や白内障、飛蚊症、網膜剥離、ドライアイなどの症状を回復させられる病院とは
当サイトコンテンツ

 

 白内障と赤星隆幸先生という名医
1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~自宅トレーニングセット・メールサポート付~

白内障というと赤星隆幸先生が名医として有名です。これまでにも多くの手術の実績を残してきたことはもちろん、プレチョップ法という手術法の開発によって、多くの眼科医に影響を与えています。

当然ながら、白内障で赤星隆幸先生から手術を受けたいという患者さんは多数います。救いになるのは、手術が短時間で終わるもののため、数多くの患者さんを1人の名医で担当できるということです。

一回の手術に数時間から十数時間かかってしまうのでは、いくら名医でも数をこなすことはできません。しかし、プレチョップ法は数分間で手術を終えることができるため、白内障を赤星隆幸先生が自ら治療することができるのです。

名医である赤星隆幸先生の治療を受けたいと切実に願っている患者さんにとって、これは大きなメリットです。目のかすみや白濁を取り除き、すっきりした白内障を赤星隆幸先生の手術で克服した方は、後を絶ちません。

また、短時間で済むプレチョップ法のメリットは、患者さんの負担の軽減にもあります。赤星隆幸先生の開発した方法により、目や身体にかける負担を最小限に抑えながら、治療を行えるようになったのです。


 犬も白内障になる
1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~自宅トレーニングセット・メールサポート付~

白内障を発症することがありますので、人間特有の病気はないことが分かります。加齢によって目にトラブルを抱えるのは人間だけではなく、動物も同じなのです。近眼や老眼といった視力の衰えだけではなく、動物も眼病を患うことがあります。

人間の場合と異なり、犬は白内障の症状があっても自覚して病院に行くことができません。そのため、散歩に行きたがらなくなったり、動きに不審な点が出たような場合に、家族が気付いてから、動物病院に連れて行くというのが、一般的な流れです。

したがって、犬の白内障は発見の段階で進行していることが多いという問題点があります。家族が早く気付かないと、治療をしないままに症状が悪化してしまい、取り返しのつかないことになってしまいます。

自らの意思で病院に行ける人間と異なり、犬は白内障になっても動物病院へ自ら訪れることはできないのですから、そこは家族の支えが必要です。いかにして早く気付くことができるかによって、犬の目の状態は変わってきます。

いくら人間に比べて嗅覚や聴覚が優れているとはいえ、犬も白内障を患うことによって、活動的ではなくなったり、元気がなくなったりといった弊害が出るようになります。そのようなことになる前に、早めの治療ができるように、犬と一緒に暮らしている方は気にかけてあげてください。


 白内障手術を名医から受けられる眼科病院
1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~自宅トレーニングセット・メールサポート付~

白内障手術を名医から受けて、視界のかすみをすっきりと解消させたいと思うのなら、名医のいる眼科病院を見つけることが必要です。条件に該当する眼科は限られていますので、どこでもいいというわけではありません。

通える範囲となると、必然的に絞られてくるでしょう。白内障の手術は日帰りでも行えますので、事情が許せば多少は遠方まで足をのばしてもよいでしょう。大切な目のことですから、この際、ベストな治療環境を作ることを優先するというのは、賢い選択だと思います。

いくら他の専門医でも白内障手術を行っているとは言え、失敗などがあっては困りますし、やはり名医に担当してほしいと思うのが人の心です。これまでにも多くの症例に対応した経験をもっていれば、それを今回も存分に活かしてもらうことができるでしょう。

症状は同じようでいて、それぞれ異なります。例えば、緑内障を併発していることもあれば、過去にレーシック手術を受けていることもあります。そのような時には、白内障の手術にも影響を与えることになります。過去にもそのような事例を取り扱った経験のある名医であれば、そんな状況にも的確に対応することができるでしょう。

ちなみに、レーシック手術を受けたことがある場合や、今後受けることを考えている場合には、白内障の手術にも関係してきますので、必ず事前に専門医に伝えて置くようにしましょう。過去に受けたものであれば、基本的には専門医が気付くはずですが、中には見落としてしまう場合も考えられますので、申告しておいてください。


 白内障名医からの手術と回復
1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~自宅トレーニングセット・メールサポート付~

白内障名医からの手術により、かすんだりぼやけたりしていた視野が、すっきりしたという人たちがいます。この眼病の場合には、症状が進んでいくと、元には戻らないこともありますので、いかに早い段階で治療を受けるかということが問題となります。

たとえ白内障の名医といえども、完全に手遅れになってしまってからでは、手の施しようがなくなってしまいます。そのようなことにならないように、事前に対策を講じておくことが必要なのです。これは手術においても言えることです。

白内障の手術は、白濁した水晶体を取り除き、その代わりとなる眼内レンズを入れることによって行います。この眼内レンズを用いるようになって、術後の目の状態は大きく改善しています。比較的安全に手術を行えるとは言われていますが、やはり名医に担当してもらうことが安心のためには欠かせないでしょう。

また、緑内障も併発しているケースもありますし、そのような場合には緑内障と白内障とに通じた名医からの治療を受ける必要があります。症状や体質は様々ですから、多くの症例を経験している優秀な専門医の方が、何かあったときに安心できます。

眼科に行けば、実力はまちまちの専門医が待っています。病院選びをしないということは、運を点に任せるようなものなのです。確実に白内障の名医に手術を行ってもらいたいと考えるのであれば、眼科選びには慎重を期すべきでしょう。

とは言え、あまり時間をかけすぎて症状が悪化することも好ましくはありません。白内障の手術等の治療は早めに行うことが基本であるということは忘れないで下さい。


 糖尿病白内障
1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法~自宅トレーニングセット・メールサポート付~

糖尿病の合併症の1つとして、白内障が起こることがあります。水晶体が混濁する病気で、通常は加齢によって起こることが多いのですが、糖尿病によって進行しやすくなる傾向が見られます。

糖尿病白内障には真性と仮性があります。真性の場合には、高血糖が原因となっており、若年者であっても急激に症状が進行していきます。これに対して、仮性の場合には老人性の要素が合併しています。

症状としては、視界がまぶしく感じることや、かすんで見える、物が2重に見えるといった現象が起こり、視力の低下を感じるようになります。仮性の場合にはゆっくり進行していきますので、なかなか自覚できないうちに目の状態が悪化していることがあります。片側の目の症状が進行しても、もう一方の目によって補ってしまうため、自覚が遅れがちです。

糖尿病白内障の検査には、細隙灯顕微鏡を使います。この際には、散瞳薬を用いて瞳孔を開かせます。水晶体が濁っているのであれば、濁りがどの部分にあるのかもチェックし、治療方針の決定につなげます。

老人性白内障であれば、症状の進行を遅らせるために点眼薬や内服薬を使い、日常生活にも支障が出るようなら手術を行って白濁した水晶体を眼内レンズに取り替えます。しかし、糖尿病を合併している場合には、さらに複雑な要素が付いてきます。

まず、血糖コントロールが重要です。手術を行う場合、血糖コントロールができていないと、手術に伴う合併症の危険が大きくなります。ただし、急激に血糖値を変えてしまうと、網膜症を悪化させることがあります。

また、網膜症が進行している場合には、網膜症の治療が必要なために、糖尿病白内障の手術を早急に行わなくてはならない場合があります。このように、様々な要因に影響を受けてしまいますので、複雑な状況になります。

眼科の専門医だけではなく、内科の医師の協力も必要ですので、それぞれの医師に連携を取ってもらうことが必要です。1つの病院の別の科であれば連携も取りやすいのですが、まったく別の病院の場合には手間がかかることになってしまいます。

糖尿病は白内障のほかに、網膜症を合併することが多く見られ、この場合には中途失明の危険も大きいため、注意が必要です。網膜症は、緑内障を抑えて日本人の中途失明の原因として最も多い病気になっています。

目の健康を守るためにも血糖コントロールが重要ですが、そのためには食事や運動といった日常生活が無視できません。健康的な生活を送れば予防することができますし、すでに血糖値が高くなっていても、悪化させないようにすることができますので、この機会に毎日の生活習慣を見直してみましょう。

copyright © 2005 眼科名医の治療で眼病から回復 all rights reserved.